読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マラソン大会(1) ~マラソン大会初参戦!~

ランニングを始めて約1ヶ月半過ぎた2016年10月の中旬に、初めてのマラソン大会に出場した。
といっても距離は10kmで、表彰なし&タイム計測もなしのかなりゆるい感じのマラソン大会だ。

実はランニングを始めて1週間くらいで、早くもマラソン大会というものに出てみたくなってしまい、自宅近郊で距離が短くて制限時間のゆるい大会を探したらちょうど1ヶ月後くらいに手ごろな大会があったので、そそくさとエントリーしてしまった次第である。

さて、まだ最長でも6km程度しか走ったことがなく、しかもかなりなスローペースで何とか止まらずに走り切れるレベルにとっては、10kmは未知なる長距離で大会までに走れるようになるのかすら不安と言えば不安であった。
とりあえず大会までの1ヶ月ちょっとは、6~8kmくらいの距離を週2~3回は走ったと思う。
結局、一度も10kmを走ったことのないまま初めてのマラソン大会に挑むことになった。
いつものランニングのペースを考えて、1時間15分を目標に考えていた。

大会当日はとてもいい天気で、川沿いのランニングコースを2往復するというレースだったが気持ちよく走れた。
初めてのマラソン大会で勝手も分からなかったが、とりあえずスタート直後は周りの人々に合わせるような感じで走り始めた。
最初の1kmのラップがちょうど6分ぐらいだったと思う。
普段の練習よりかなり早い。こんなペースで果たして10kmも走れるのかと少し不安になる。
しかし、いつもと違い周りに大勢のランナーが走っていると、置いて行かれたくないという心理が働き、苦しいながらも必死についていこうとする。

コースを1往復して5kmの折り返し地点、31分台だった。当初の予想よりかなり早い。1時間そこそこでゴールできそうな勢いだ。
あと半分、これから未踏の地へと踏み込んでいく。もう1往復か。長い。
自分より遅い人も結構いて、そういう人たちを追い抜いていくのも少し自信になった。

あと1kmの目印が見えた。時計を見ると53分台。あれ、もしかして1時間切れるかも!
1時間を切れるかもしれないという期待が高まると、最後の1kmは自分でも信じられない力が湧いてきてスパートをかけた。
(といっても多分まったく早くない笑)
ゴールが見えたラスト100mくらいは時計を見ながら、死ぬ気で走ってゴールした。
手元の時計は59分13秒。奇跡が起きたかと思った。
10kmを完走できただけでなく、1時間を切るタイムでゴールできたのだ。

得も言われぬ充実感に満たされながら、完走証を受け取った。
タイム計測はないので自己計測のタイムを完走証に自分で書き入れた。

こうして初めてのマラソン大会は非常にいい結果をもたらしてくれた。
参加してみて、本当に良かったと思った。