読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランニングを始める

ウォーキング

糖尿病宣告の後、しばらくしてからウォーキングを始めた。
とりあえずは運動した方がいいということで、もっとも手軽にできて大して疲れないだろうという思いでウォーキングを始めてみることにしたのだ。

1日1時間、なるべく毎日歩くことにした。
もともと歩くのは嫌いじゃないので、これは続けられた。

昼間は仕事なので、平日のウォーキングは夜に行う。
夕食後しばらくしてから家の近所を1時間歩く。

途中、ウォーキングする頻度が少なくなった時期もあったが、4年ぐらいコンスタントに続けていた。
そして昨年の夏の終わりから、ウォーキングを卒業してランニングを始めることになっていくわけである。

 

ウォーキングからランニングへ

運動習慣をということでウォーキングを続けていたが、慣れてきてしまうとなんだか物足りなくなってきた。

運動としての体への負荷があまりにも軽すぎないか?
こんなんで運動になっているのだろうか?

いつもの近所のウォーキングコースを歩いていると、走っている人をちょくちょく見かける。
しかし、普段走ることのない私にとって走ること=辛い事。
辛いことは長続きしないと考えていたので、それまでランニングというのは考えてもみなかったのだ。

しかし、昨年の夏の終わり、なんとなく、本当になんとなく「走ってみようかな?」と思い立った。

ふと、ウォーキングの途中で走ってみた。
軽いジョギング程度のものすごくゆっくりしたスピードで。
多分、数百メートルだろうか。たったそれだけ走っただけで息が切れて止まってしまったのだ。
苦しい・・・。でもなんか悔しい。

いや、悔しいというより、ほんの数百メートルしか走れない自分にヤバいと思った。

 

本格的にランニングを始める

まずは、ゆっくりゆっくり、苦しくなったら歩くという感じでいつものウォーキングコースを走ることにした。
1時間かけて歩いていたウォーキングコースは約6kmある。

もちろん初めから6kmも走れるわけもなく、ちょっと走っては歩いて、息が整ってきたらまたちょっと走って、というのを繰り返して6kmを完走する。
それでも脚は筋肉痛になり、階段の昇り降りも辛く、翌日は走れない状態になった。

でも、筋肉痛が治ると再度チャレンジした。

そういうのを何回か繰り返していると、だんだん走れる距離が長くなっていった。
スピードは滅茶苦茶ゆっくりで歩いてるよりはちょっと早いくらいだ。
だが、徐々に長い時間走れるようになってるのだ。これこそ継続は力なりである。

ほどなく、6kmを完走できるようになっていった。
非常にゆっくりしたスピードで途中何回も止まるのだが、それでも6kmを何とか走り切れるようになったのだ。

やればできるじゃん。
こうしてウォーキングを卒業してランニングの道を歩み始めたのであった。